創作

物語

【ナラロジ物語】空に落ちた林檎【水平思考ゲーム】

万有引力の話を聞いたデルピンは、キノに空に落ちるリンゴの話をしました。 その後、二人はリンゴが空に落ちていく光景を実際に目にすることになりました。 リンゴが空に落ちるとは、一体どういうことだったのでしょう。
物語

【ナラロジ物語】アンディ【水平思考ゲーム】

ある日、ロビンの不注意でアンディが大怪我をしてしまいました。なんと左腕が折れてしまったのです。 酷い怪我で、もう元には戻らないだろう。そう言われても、アンディはロビンを責めることはありませんでした。 アンディは何故ロビンに何も言わないのでしょうか。
物語

【ナラロジ物語】さけぶ森【水平思考ゲーム】

父親の銀次と息子の新之介は湖のほとりを歩いていた。時刻は、暮六つ。夏が終わり、秋が顔を出してきたのか黄昏時が短く、夜の闇の訪れがすっかり早くなった。あたりは虫の声で溢れている。銀次はその懍とした声に耳傾けながら息子と歩くのが好きだった。
物語

【ナラロジ物語】私の彼は【水平思考ゲーム】

私はドジで、よく色んな失敗をしてしまいます。この間は、彼のために作った肉じゃがの砂糖と塩を間違えて大変なことに・・・。私の彼は、そんなドジな私に対してよく舌打ちをします。いつも申し訳ない気持ちでいっぱいです。友人にその話をすると「よくそんなのと付き合っていられるね」と驚かれました。
物語

【ナラロジ物語】市兵衛の才能【水平思考ゲーム】

あるところに、とても忘れっぽい市兵衛という者がいました。ある日、市兵衛が通りすがりのお坊さんにそのことを相談すると、お坊さんはこう言いました。
物語

【ナラロジ物語】商売上手の三人【ひねくれ思考術】

とある王国の気まぐれな王様が言った。 「この国で最も商売の上手い者を呼ぶがいい」 優秀な大臣はすぐさま三人の男を呼び出した。
物語

【ナラロジ物語】矛盾する石版【水平思考ゲーム】

考古学者のジャンはエジプトのピラミッドから大量の石版を発掘した。ジャンが石版に書かれているヒエログリフを解読したところ、どうやらこの石版の山は過去に起こった出来事を記録したもののようだ。ジャンはこれらを古代の歴史書であると判断し、研究をすすめた。
物語

【ナラロジ物語】ニッケルの研究成果【ひねくれ思考術】

その国には先史文明期の古代遺跡があった。古代遺跡に眠る遺産には、現文明にはない高度なものも存在しており、その国では古代遺産を利用して国の技術水準を上げていった歴史がある。特に古代遺産を利用した電信に関する技術が高く、中でもヘルメス通信社は国の要であるこの電信事業を一手に手がけている企業だ。
物語

【ナラロジ物語】ウィリアムの決断【ひねくれ思考術】

常夏の国があった。そこに暮らす人々は、一年の間、ひたすらに蒸し暑いその国の気候に苦しんでいた。若き天才科学者ウィルキャリスは「せめて部屋の中だけでも涼しくしよう」と室内の熱を外に放出する装置を開発する。
物語

【ナラロジ物語】クマとネズミの相撲【ひねくれ思考術】

ある一匹のネズミがクマに勝負を挑んだ。 「やあ、クマさん。僕とひとつ相撲をとってくれないか」 「おやおやネズミさん、血迷ったのかい。小さなキミが大きなオイラに勝てるわけないじゃないか」
タイトルとURLをコピーしました