【ナラロジ物語】優等生のノート【ひねくれ思考術】

ナラロジ物語 (2) 物語
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
ロジィ
ロジィ

ここでは実際に世の中で使われている思考術を紹介するぞ

ナラ
ナラ

物語調の問題形式にしているからみんなも答えを考えてみてね!

問題

コウタは学校の成績があまりよくなかった。

どうしても成績を上げて親友と同じ学校に進学したいと思っている。

しかし、彼の親友のオサムは頭脳明晰で成績優秀だった。

どうしたら成績が上がるのか。

悩んだコウタは親友のオサムのノートを見せてもらうことにした。

オサムがどのように授業を受けているのかを知りたかったからだ。

「あまり見せたくないんだけどなー」

そう言ってオサムは頬を掻きながらも渋々見せてくれた。

コウタはオサムに感謝の言葉を述べてノートを開いた。

そのノートの内容はコウタの想像から大きく離れたものだった。

一体、オサムは授業中にどのようなノートの取り方をしていたのだろうか。

ヒント

ロジィ
ロジィ

これを知らない教師だったら注意するかもしれないな

解答へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました