【感想・考察】マギーさんのオムレツ【植松眞人】

感想・考察 (7) 物語
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

※ネタバレ注意!
この記事には作品のネタバレが多く含まれております。未読の方はご注意ください。

ナラ
ナラ

マギーさんのオムレツは2002年の作品で、21世紀に入ってからの作品だね

ロジィ
ロジィ

マギーさんのオムレツだからといって料理本というわけではない

ナラ
ナラ

このお話は、流浪の神さまがマギーさんに御利益をもたらす、ちょっとほっこりする物語なんだ

ナラの感想

日本の神さま

困った時の神頼みいうけど、自分が神さんやからなあ

植松眞人『神さんが降りてきた。其の三。マギーさんのオムレツ。』青空文庫

「マギーさんのオムレツ」は、とある神さまの視点で物語が進んでいくんだけど、この神さまがすごく人間っぽくて語り口がとてもコミカルなんだ。

人間味のある神さまは、マンガ作品の「夏目友人帳」や「神様はじめました」とかでも登場するね。

日本には自然のもの全てに神が宿っているという考え方があって、それを八百万やおよろずの神って言うんだ。

それだけ沢山いるから親しみやすい個性が生まれるのかもしれないね。

そして、それだけ沢山いるから仕事にあぶれてしまう神さまもいるってこと。

神さまの世界もなかなか世知辛いね。

神さまの御利益

神さまたちは人間たちが意識しない間にも、色んな方法でご利益を与えてくれる。

例えば「この時間に家を出ると事故に遭っちゃう」なんてときは、物を隠したりして、出発の時刻を少しずらしてくれたり、ふと耳元で必要なことを囁いて、そっと導いたりしてくれる。

あるときふと何かを思いついたりするとき。

天啓やひらめきってやつだね。

そういうときは、本当に神さまが耳元で囁いているらしいよ。

でも、なかには貧乏神っていうヒトに不幸をもたらす神さまもいるんだけど、これが悲しいことに、貧乏神も悪気があって不幸にしているわけじゃない。

本人はヒトを幸せにしようとすごい頑張っているんだけど、空回りしちゃってうまくいってないだけなんだ。

なんか切ないけど、この解釈はとても面白いと思ったな。

感謝のこころ

生きてる間って、何だか自分一人で生きているような気になったり、見えるものしか意識しなかったりするよね。

でも、目に見えないことが実は大事だったりする。

神さまのご利益だけじゃなく、他人との繋がりだったり、自分の言動だったり。

毎日色んなものに感謝してハッピーに生きるってことが大切なんじゃないかな。

周りのヒトや自分が使うものにも感謝して、自分自身にも感謝すれば、毎日がありがたいもので満たされる。

それは、とても素敵なことだと思う。

ロジィの分析

共同生活の始まり

このぎょうさんの神さんのなかで、

わしみたいに仕事にあぶれてる奴らを集めてな、

食堂でもやってみよかいなあと思てるんや。

植松眞人『神さんが降りてきた。其の三。マギーさんのオムレツ。』青空文庫

物語が本格的に始まりそうな一文。

これをキッカケに神さまとマギーさんの奇妙な共同生活が始まる。

神さま達はあの手この手と悪戯じみた手を使ってマギーさんのお店を盛り上げていく。

次第に洋食屋は繁盛しだし、同時に語り手である神さまの感情も徐々に上向いていくのがわかる。

なぜ、マギーさんは夜な夜な外出しているのか

最近、マギーさん、夜になったら出かけるんやって。

植松眞人『神さんが降りてきた。其の三。マギーさんのオムレツ。』青空文庫

神さまはマギーさんの秘密を知り、彼女の真の葛藤を見つける。

マギーさんの秘密の行動を知ったことが物語の場面転換点だと思われる。

物語は一つのことが解決すると、すぐに次の葛藤が生まれる。

その葛藤は、多くの場合、キャラクターの芯の部分へと徐々に近づいていく。

マギーさんは食堂が上手くいかずに困っていた。それは間違いない。

しかし、彼女の芯にある葛藤というわけではなかった。

彼女の本当の葛藤を知ったとき、神さまは自分の無力さを痛感することになる。

独特な語り口

わし、とりあえず、マギーさんがタツヤくんと一緒に暮らしたい、

また家族みんなで幸せに暮らしたいと思うことが必要やと判断したんや。

植松眞人『神さんが降りてきた。其の三。マギーさんのオムレツ。』青空文庫

彼女に拒絶された神さまはそれでも諦めない。

神さま達は得意の悪戯を使い、マギーさんの意識が変わるよう仕向けた。

策は見事に功を奏し、物語はハッピーエンドへと進み大団円を迎える。

夏目漱石の吾輩は猫であるを彷彿とさせる独特な語り口は、通常であればノイズになりそうなクドい表現も自然に読ませるように工夫されており、読みごたえがある。

語り手が終始こちらに語りかけてきて、会話を投げかけてくるように作られているのは面白い。

ナラとロジィの「マギーさんのオムレツ」

ナラ
ナラ

願い事を叶えてくれる、と言えば、ヒトの脳には自分の願いを叶えるための機能があるみたいだね

ロジィ
ロジィ

ほう

ロジィ
ロジィ

そんなうらやまけしからん機能があったのか

ナラ
ナラ

オカルトやスピリチュアルの世界では引き寄せの法則なんて呼ばれてたりするよ

ナラ
ナラ

アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ(ピーズ夫妻)著の『自動的に夢がかなっていくブレインプログラミング』には、RASという脳の仕組みについて色々と書かれているんだ

ロジィ
ロジィ

RAS?

ナラ
ナラ

RASはReticular Activating Systemの略だね

日本語だと網様体賦活系っていうらしいよ

ロジィ
ロジィ

聞いたことないし、長いな

ロジィ
ロジィ

それで、その網様体何某というのは?

ナラ
ナラ

平たく言えば、RASは五感から得た情報を脳に届けるフィルターみたいな役割をしているみたいだね

ナラ
ナラ

自分が興味を覚えた途端世間でも急に流行り出した! なんて思ったことない?

ロジィ
ロジィ

あー、あるかもしれんな

ナラ
ナラ

それは、その情報の優先順位が上がって、RASが脳に情報を渡すようになったからなんだ

ナラ
ナラ

カクテルパーティ効果(※賑やかな場所でも自分の名前が呼ばれれば聞き取れるなんかもRASの機能の賜物だよね

ロジィ
ロジィ

成程、そうすると『マギーさんのオムレツ』の神さまたちはRASに似ているかもしれないな

ナラ
ナラ

そうだね

ナラ
ナラ

だから、ボクは結構神頼みって大切だと思うんだよ

ロジィ
ロジィ

ん? どういうことだ?

ナラ
ナラ

自分の目標を明確にしたり、宣言することで、それを自分に刷り込むんだ

それで、RASのフィルターを変えていくのさ

ロジィ
ロジィ

成程ね

……ただ、一つ言っておくぞ

ロジィ
ロジィ

モモンガになりたい!

なんて願っても意味はないと思うぞ

ナラ
ナラ

別になりたくないし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました