【ナラロジサプリ】人付き合いは「どれくらいまで許容できるか」【名言集】

ナラロジサプリ 物語
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

※ネタバレ注意!
この記事には作品のネタバレが多く含まれております。未読の方はご注意ください。

ナラ
ナラ

ピンポンパンポーン♪
ナラロジサプリについてのご連絡だよ

ロジィ
ロジィ

ナラロジサプリのテーマは「ピュタゴラスの逆療法」です

ナラ
ナラ
ロジィ
ロジィ

この記事の内容は我々の主観が大いに含まれており本来の意図するところとは違う解釈をしている場合もあります

あらかじめご了承おねがいします

今日の名言・元ネタ

人付き合いは「どれくらいまで許容できるか」を探るのが大事なんだろうと思う

もしお前が冗談を言い合えるような仲を望むなら

「これくらいの冗談なら許容できますよ」とお前が冗談を言って線引きしてやればいい

ペトス『亜人ちゃんは語りたい 1』講談社

ヤンマガKC「亜人デミちゃんは語りたい 1巻」より、デュラハンの亜人デミである町京子が、クラスメイトとの距離について、教師の高橋鉄男に相談したときに彼が返した言葉です。

デュラハンというのは、頭と体の分離した亜人です。
その見た目のインパクトは驚異的で、本来頭のある部分には青い炎が揺らめいて、肝心の頭は本人が小脇に抱えたりして持ち歩くスタイルです。

実際にデュラハンがクラスメイトだったら、確かにどう接していいのか、戸惑わない自信はありません。

この言葉について思うこと

これって、突っ込んで良いのかな……。

他人に対してこう思うことは、結構あるのではないでしょうか。

こうなってしまうと、聞きたいけど聞けないというジレンマに陥って、その相手とコミュニケーションを取ることに不安を感じると思います。

もし、自分に他人とは違う、目立った特徴があると思っているなら、相手が気にしだす前に、そのことについて「ここまでだったら話しても良いよ」という、自分の中のラインを暗黙的にでも話してしまうと良いかもしれません。

すると、相手も「これくらいだったら聞いても良いのかな」という判断が出来る様になるので、安心して貴方と会話してくれるのです。

これは、相手が自分に対して感じている壁を取り去ってしまう、一つの有効な方法です。
壁が無くなるので、お互いの距離がもう一歩踏み込んだものになるかもしれませんね。

コミュニケーションにおいて重要なことの一つは、相手を安心させることだと思います。
安心してなんでも話せる関係を築くことこそ、仲良くなる第一歩なのではないでしょうか。

返報性の原理

ナラ
ナラ

少し違うかもしれないけど

人間には返報性の原理っていう法則があるね

ロジィ
ロジィ

聞いたことがあるかもしれないな

ナラ
ナラ

ビジネスシーンや、マーケティングなんかでも

よく使われる心理効果の一つだよ

ナラ
ナラ

はいこれ、ロジィにお土産

ロジィ
ロジィ

む、これは私の大好きな有機栽培の人参ではないか

ロジィ
ロジィ

有り難く頂こうか(シャクリ

ナラ
ナラ

どうぞどうぞ

ロジィ
ロジィ

うん、美味いな

そういえば、ナラの好物ってなんだっけ

ナラ
ナラ

んー、カボチャの種とか結構好きだね

実は要らないけど

ロジィ
ロジィ

ああ、そう言えば結構変な食べ方だよな

ムササビ……

ナラ
ナラ

ほっといてくれよ!

ナラ
ナラ

それでロジィ、今もしかして

「今度、覚えてたらかぼちゃでも持ってきてやるか」

とか考えなかった?

ロジィ
ロジィ

……

ロジィ
ロジィ

図ったな!?

ナラ
ナラ

これが、好意の返報性だよ

簡単に言えば、何かしてもらったら、お返しをしないといけない!

と思ってしまう心理のことだね

ナラ
ナラ

他にも、開示の返報性っていうのもあって、これを応用して

「ここだけの話……」とか言いながら、相手の秘密を聞き出そうとする

人もいるから、うっかり口を滑らせない様に注意しようね!

ロジィ
ロジィ

悪用厳禁だな

コメント

タイトルとURLをコピーしました