【図書館の大魔術師】体に習慣を叩き込め! 【ナラロジサプリ】

ナラロジサプリ 物語
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

※ネタバレ注意!
この記事には作品のネタバレが多く含まれております。未読の方はご注意ください。

ナラ
ナラ

ピンポンパンポーン♪
ナラロジサプリについてのご連絡だよ

ロジィ
ロジィ

ナラロジサプリのテーマは「ピュタゴラスの逆療法」です

ナラ
ナラ
ロジィ
ロジィ

この記事の内容は我々の主観が大いに含まれており本来の意図するところとは違う解釈をしている場合もあります

あらかじめご了承おねがいします

今日の名言・元ネタ

体に習慣を叩き込め!

この生活に慣れた時お前は最強だ!!

泉光『図書館の大魔術師 2巻』講談社

アフタヌーンKC図書館の大魔術師の2巻より、司書になるためにガナン石工業で働くようになったシオに対して親方ガナン=キアシトが言った台詞。

司書を目指すシオにガナンは言います。

「他の金持ちのように正攻法で勉強しても勝ち目はない」

そこでガナンはシオに徹底的に体を鍛えて勉強の効率上げろ。そしてこの先、毎日必ず、10分でいいから机に向かえと言います。
そうすればお前は最強になれるのだと。

朝、学校へ行き
昼、目一杯働き
夜、勉強をする

ガナンがシオに課した生活です。

ガナンは「脳はどこまでいっても筋肉の奴隷であり、体が疲弊すれば、脳も怠けてしまう」と言います。

そうならないために、日頃から体を鍛えることと勉強することを両立させた生活を送ればいずれ最強になれるということなのでしょう。

この言葉について思うこと

いわゆるルーティーンの重要性を説いたであろう名言です。

あれこれと方法論を考えるよりも習慣化してしまった方が成果に繋がりやすいのかもしれません。

習慣化に大事なのはやろうという意思ではなく毎日続けられそうな小さな目標を立てるということ。

ガナンはシオに毎日10分だけでいいから勉強しろと言いました。

この毎日10分だけというのが重要なのだと思います。

最終的な目標の達成が100であった場合、最初からその100を求めてしまったら息切れしてしまいそうです。

最初の目標は100の内の0.1くらいから始めたほうが良いのかもしれません。

1日0.1ずつ。

それは続けていく内に1日0.2になり、やがて1にも10にもなることでしょう。

やめてしまえばいい

ナラ
ナラ

継続は力なり。分かっちゃいるけど続かない

ロジィ
ロジィ

まぁ、どんなに頭で理解してても難しいわな

ナラ
ナラ

やりたいのに0.1も出来ない場合はどうしたらいいの?

ロジィ
ロジィ

やめちゃえばいいんじゃない

ナラ
ナラ

ええー!

ロジィ
ロジィ

大事なのは続けられる0.1だよ

ロジィ
ロジィ

続かないならやり方を変えればいい

ナラ
ナラ

色々試して、それでも続かなかったら?

ロジィ
ロジィ

目標を見直すんだな

ロジィ
ロジィ

色々やって続かないなら向いてないんだろ

ナラ
ナラ

うーん、ドライすぎやしないかい?

ロジィ
ロジィ

それだけ意識的に習慣化するというのは難しいということさ

ナラ
ナラ

それでも、どうしてもやりたいことがあって習慣化したいと思った場合はどうしたらいい?

ロジィ
ロジィ

うーん、リスクを背負ってやるというのも手だな

オススメはしないが

ナラ
ナラ

リスク?

ロジィ
ロジィ

例えば、ナラがダイエットをするとしよう
いかなる理由であれ期日までに体重が目標まで行かなかった場合は……

ナラ
ナラ

場合は?

ロジィ
ロジィ

そのダボダボの皮をちょん切って二度と滑空できないようにする、みたいな

ナラ
ナラ

ええええ!
ムササビのアイデンティティを奪われたらボクはどうしたらいいのさ!

ロジィ
ロジィ

リスとして生きるんだな

ナラ
ナラ

リスゥ!

ロジィ
ロジィ

とまぁ、そんな感じで大事なものを賭けることで継続のインセンティブにするというのも一つの手ではある

ロジィ
ロジィ

誰しも楽な方へ流されてしまいがちだが、そっちに流れていってしまわないような仕組みを作るのも継続のコツかもしれないな

ナラ
ナラ

リス……リス……

ロジィ
ロジィ

うん、聞いてないね

コメント

タイトルとURLをコピーしました